恐羅漢スキーツアー 3月9日


吉岡 好英

<参加者>大前、藤井(隆)、三原、竹本、吉岡、ケンちゃん
前夜から降った雪は20cm積もっていた。この時期にしてはベストコンディションだ。山小屋前でスキーにシールを装着し、もうボーダーやスキーヤーの少ない立山ゲレンデを大前、藤井(隆)、三原、吉岡と一匹の犬が上っていく。そして出発の遅れた竹本も。フリートレックが4名、ノルディックが1名。スキー場最上部で一息いれる。藤井君の愛犬、ケンちゃんは四足のせいか、シールも付けていないのに滑りもせず上がっていく。ミニアイゼンらしきものは付いているが。スキー場上部からは昨夜、降り積もった新雪の中を夏道どおり?に頂上へ。2月にはのぞいていた恐羅漢頂上の標識は完全に雪の下になっている。あれだけ雨が降ったにもかかわらず、今シーズン最高の積雪らしい。それぞれシールを外し、滑降の準備にかかる。状態が悪いようであれば引き返し、夏焼への稜線を滑ることにしてダイドコロ原への斜面へと滑り始める。ブナの林間の雪の状態はパウダースノーで最高!これなら下りたほうが良さそうだ。それぞれが思いのコースを取り、滑り降りる。雪は軽く、思いのまま滑ることができる。ダイドコロ原の広場で、再びシールを付ける。いつもならここから中ノ甲林道を下り、夏焼峠入り口から夏焼峠へと向かうのだが、今回は稜線直下に向かって続いている工事中?の林道を歩く。ゆるい勾配なので疲労感はなく上ることができた。林道終点から、しっかりと雪で押さえられている藪を上ると鞍部に出ることができる。少し恐羅漢山方向に進むと、杉林へと続く尾根上部に出る。幹が大きくえぐられた木があるので、これを目印にすると良い。再びシールを外して、ここから潅木の間を滑り降り、杉林を過ぎたところが夏焼への登山道だ。右手に進むとカヤバタゲレンデに出る。
3月としては良いコンディションの中のスキーツアーであった。またこのコース(広場~稜線)は初めてであったが、ベテランから初心者まで楽しめるコースであった。

山小屋(8:45)~(10:00)恐羅漢山頂上(10:15)~(10:45)中ノ甲広場(11:00)~(11:50)林道終点~(12:20)稜線(12:40)~(13:10)山小屋

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す