大山雪上訓練 3/13~3/14 横山


三谷 和臣

<参加者>坂口、中島、神庭、蒲田、三谷
<行動記録>
 恒例の雪上訓練が行われた。宝珠尾根の中宝珠越の斜面を使って、雪上歩行、滑落停止、確保訓練を行い、最後、ビーコンでの操作を行った。滑落停止は真剣に行っていたが、簡単には停止しないことが良く分かった。確保訓練は、雪の斜面におけるアンカーの作り方や確保システムを実践した。スタンディングアックスビレーに関しては、従来、直立状態でロープはアックスに対して垂直であったが、今回、中腰状態でアックスの反対の足は谷側に踏み出すという姿勢で行った。後者はロープにテンションが係った場合、締め付けられて痛いが、非常に安定している。次にヒマラヤンコンテで滑落者を止める方法を実施した。紐で繋がれた飼い犬のようにはしゃいでいた。確保者を引きづり込もうと、妙に盛り上がったようだ。デジタルビーコンはとても賢く、的確に遭難者を捜し出す。天気も良く勉強になり、楽しい訓練だった。

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す