鎌倉寺山アイゼントレーニング (係)三谷


三谷

月日:2016年8月7日(日)
参加者:吉村、松林、川本
<行動記録>
レーニア山夏合宿直前のトレーニング。7:00に鎌倉寺山南峰登山口の駐車場に集合する。記録的猛暑の夏、すでにいやな熱気がまとわりついている。
南峰に向けて歩き始めるが、樹林帯は風が通らず熱中症の危険を感じる。林立する岩の横を歩いていると、新しいボルトが設置されていた。高さは5mにも満たず、ショートルートというよりもボルダリングの世界である。いくつかのルートが作られていた。藪を漕いで馬の背への取り付きを探すが、はっきりとしない。しかたなく、適当な場所でアイゼンを履いて、松林くんにロープを伸ばしてもらう。1ピッチ目はほぼ藪の歩きだった。最後の馬の背は、その名の通り馬の背中のような丸っこい岩に馬乗りになって登る。アイゼン登攀には不向きだった。南峰まで上がって小休止して、お昼には下山した。一番辛い耐暑訓練も、やはり暑さには勝てず、もう汗でどろどろになった。
下山後、係の自宅で装備総点検を行った。

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+