No,3994 天応クライミング・烏帽子岩山~天狗岩山


武田

参加者;横山、入会希望 久保(美)
<行動記録>
 日課となっている上山に登られるため、墓場駐車場に来られた田内名誉会長に見送られ、出発した。午前中はなめらでクライミングを楽しむ。入会希望の久保さんには、トップロープで岩を楽しんでもらう。早めに昼食をとり、縦走に向かう。
 烏帽子岩山で休憩をし、中国自然歩道を通って、運動公園に出て、深山の滝、二艘木に出る。二艘木の廃屋は崩れているが、きれいに草刈りをした棚田の跡が明るい天気と反して何かもの悲しさを感じさせる。絵下山まではきれいな広い登山道だが、砥場への標識からは人が一人通れる道幅に変わった。しっかりと踏まれており、歩きやすい。天地峠では坂、絵下山の標識がある。テープと踏み跡をたどりながら、小ピークと鞍部を越えると、松の大木の下に、立派な「せん天わかれ」の標識があり、ここからは整備された天狗岩遊歩道である。ひと息で奇岩のそびえる往古の人々が天狗がすむと恐れた天狗岩頂上に着いた。瀬戸の海をながめ、下りに入る。
 狭い岩間を抜け、一本道を南へ下ると、木の間から、天応の岩場が遠くに見え、歩いた距離が実感されて感慨一入の久保さんである。急坂の階段を鞍部に下り、308mのピークを越え、左の下山路を西谷口まで下って小屋浦駅で、終了。車を取りに帰る横山さんと別れ、JRに乗り込んだ。
<コースタイム>12:10なめら岩―烏帽子岩山12:38~45―深山の滝13:55~14:05―二艘木14:35―市光山(438m)―天地峠15:25―せん光わかれ15:50―天狗岩山頂16:00~16:10―小屋浦駅17:10

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す