BarnajU キシュトワール・ヒマラヤ登山隊1977

隊 長     久保 信義
副隊長     宮川 勝博
隊 員     山本 登一
        名越 實
        亀井 且博
        木佐 英一
        田中 俊夫
        安藤 和己
リエゾンオフィサー Momad Aslam Laigloo


BarnajiU(6300m)

<バルナージを取り巻く歴史と概念>
  グレートヒマラヤはネパールから西に延びガルワール、ヒマチャルプラディッシュ、キシュトワールを経てヌン・クン山塊を通り、カラコルムへと続いている。ヌン・クンの西ナンガパルバートの南には、遠くムガールの時代より「地上の楽園」といわれたカシミール盆地が開け、その中心に「東洋のベニス」と呼ばれ、湖と避暑で有名なスリナガールがある。キシュトワール盆地の南東に北側をクリシュナー河、東側をドダ河、西側をマラウ河、南側をチュナブ河に囲まれた北緯33度〜34度、東経75度〜77度の間に多数のピークが集まったグレートヒマラヤの一部である大きな山塊があり、それがキシュトワールヒマラヤと呼ばれている。その最高峰はシックルムーン(6520m)で周辺にブラマーT、U、アルジェナ、アギャソル、バルナージ、シバ、ハッタル等の竣峰が取り巻いている。行政的にはジャム&カシミール州に属している。この地は古くよりスリナガールからザンスカールへ通じる途中にある山塊として意識されていたが1946年ウィーン生まれのフリッツ・コブルら3名に率いられた英国、オーストリア隊が本格的に調査してから一躍脚光を浴びるようになった。それ以後、特に1965年以降は毎年登山隊を迎えるようになった。しかし主要な既登峰といえば英国のクリス・ボニントンらによるブラマーT峰やインド隊によるシックルムーンぐらいなもので、他のほとんどのピークがその困難さ故か手つかずの未踏峰として残されている。
 バルナージ峰は1976年、日本の登山用具研究クラブ隊が初めて挑戦したが失敗に終わり、翌年その後を受けて我々の挑戦となった。あのコルブをして圧倒的な美しさといわしめたバルナージ山群はバルナージナラ(谷)沿いに前衛の針峰群を従え、最奥の主峰はT峰とU峰とに分かれそれぞれ6100mと6290mの標高がある。標高こそ低いがそこには知り尽くされた山とは比べものにならないもうひとつ人の心を引きつける何かを持っているようである。

<計画・立案・出発>
 1976年2月ヒマラヤを志向する8名が集まり、ガルワール・ヒマラヤのチャウカンバW峰(6854m)、
 ほかテレイサガール、ティルスリ西峰の2ピークが希望の山として計画された。その年の5月21日にImF(インド登山財団)へ申請書を送り、隊員たちはそれぞれ近郊の岩場や日本アルプス等へとトレーニングを進めていった。しかし、9月1日ImFより希望していた3つの山がすべてインナーライン上にある理由に断りの返事が来たのであった。そこで我々は会員の名越をインドに送り、ImFとの交渉と山の偵察をさせることを決定し同時に他の山を捜し申請する仕事を始めた。9月23日、次の目標の山を決める。ジャム&カシミール州のクン峰(7077m)を第一希望とし、他に6つのピークを同時に申請する。この中にバルナージ峰が入っていた。10月8日、再度ImFへ申請書を送る。11月25日、名越がインドへ向け交渉と偵察のため出発。12月6日、バルナージT峰許可との連絡が入る。
3月4日、無税通関のための書類をImFに送付し、4月15日梱包作業を終了し隊荷を送り出す。4月24日現地交渉と通関、買い出しのため先発隊3名が出発する。5月2日、残り5名がニューデリーへ到着。事を起こして約2年やっと全員がインドに集合することができた。買い物他、諸交渉をデリーにて済ませ5月5日宮川、亀井を残し他はバスをチャーターして一路キシュトワールへと向かう。亀井はリエゾンオフィサーを迎えにスリナガールへ飛び、宮川はトランシーバーの許可を得るためにデリーに残る。

5月12日、全員がキシュトワールに集合する。
5月13日、ポニー20頭に積みきれぬ荷を全員が山のように背負い、憧れ?のキャラバンが始まる。ガハールから山道になり、雨のリドラリ、シャシー、アトリと過ぎ登山口ハンゴーには5月17日着。ポニーを解雇し、5月19日いよいよバルナージ谷に入る。降雪やポーター不足に悩ませられたが5月23日ついに全員BC(4000m)入りをする。

<登山活動>
 BCよりバルナージ氷河を数Km北上し、U峰の西稜沿いに雪面を登る。さらに緩い雪面をクレパスに気をつけながら行くと広大なプラトーに出る。U峰の西稜と南稜に囲まれた馬蹄型の雪原である。
 5月26日、プラトー中央にC1を設営(4700m)。C1よりプラトーを詰め、南稜沿いに左上し階段状におちるハンギンググレイシャーとの間のルンゼにルートをとる。このルンゼの入り口を我々は”氷の門”と名づける。
 6月2日、そのハンギンググレイシャーの上に2張りのテントを設け、これをC2(5250m)とする。C2より上部は雪面を200m登り、南稜に出るルートをとることにする。BCでの我々の懸念はいかにして南稜に抜けるかということにあったが、思いのほか簡単にルートは見つかった。
 6月4日、待望の南稜におどりでる。ここより我々は初めてバルナージの東面を見ることができた。なんと南稜末端のハグシュ・ラ(峠)を隔てた向こうには岩の盾とでもいおうか、全面岩壁のとりつく島もない恐怖の六千メートル峰ハグシュ(6330m)が黒い光を放っていた。さらに、その後ろにもハッタル等の竣峰が連なり、遠くザンスカールの山へと続いている。目を西に転じれば、まさに鎌のようなシックルムーンが不気味にそびえ左へプラマーT、U(1976年、札幌山岳会が登頂)、アルジュナとため息が出るような竣峰が連なっている。南稜に抜け出るところは門柱のような感じで岩がたっているので我々はここを”バルナージの門”と名づける。この南稜上がルートの核心部分で悪場が連続して現れ、最難関部の垂壁には20mのワイヤ梯子をかけた。
 6月11日、C3(5750m)を設営。この頃よりリエゾンオフィサーが「我々の許可峰はT峰であってU峰には登ることができない」と言い始める。だがT峰へはU峰を越えないと行けないし、T峰はまるで烏帽子のような岩の塊でとても全員が登れるとは思えない。さらに、リエゾンオフィサーは「秋には日本隊が来ることになっている」という。それを真にうけた我々はU峰(主峰)への登頂をあきらめざるを得なかった。日本隊云々はリエゾンオフィサーの作り話だったようだが、あの時点では我々としてはあとから来る同胞の夢を踏みにじるようなことはできなかった。事実上、このC3がアタックキャンプとなり、6月13・14日我々はU峰手前の中央峰(6170m)へ全員(リエゾンオフィサーを含めて)が登頂することができた。

<後書き>
 結局我々は当初の目的だあった初登頂はできず、U峰手前のピークで登山活動に終止符をうった。だが全員登頂とポーターは使わず自分たちの力のみで荷をあげ、ルートを開くという理想はほとんど達成された。もちろん回収に失敗した一本のフィックスロープを除いてすべてのものをBCまで持ち帰った。
 この地域は今後ますます多くの登山家を引きつける場所になると思う。少人数でアルパインスタイルでの登山が主流を占めると思われる。
 今回の我々の登山はオーソドックスなポーラーシステムをとったが、これは我々が意図して我々の力量にあった方法を選んだのである。この地域におけるアルパインスタイル登山の成否は最終的には登る人間の登山技術の問題になると思うが、やり方や考え方によっては少ない人数、少ない費用で十分に楽しい登山ができるエリアである。
 記:宮川 勝博


Bojohaghur Duan Asir 広島山岳会ヒマラヤ登山隊1984登山隊

総隊長         三好 忠行
隊 長         大前 恒雄
副隊長         山本 登一
登攀リーダー      名越 實
            保森 博美
隊 員         金本 秀三
            木佐 英一
            田中 俊夫
            吉岡 好英
            岡本 良治
            児島 修
            村上 俊之
リエゾン・オフィサー  Athar Haroon
メール・ランナー    Abdul Maten
学術踏査隊
隊 長         福田 豊治
副隊長         三原 宏
隊 員         広畠 英史


フンザから見える B・D・Asir (7329m)

 予定通り6月1日に先発(木佐、岡本、児島、村上)、6月8日に本隊と踏査隊の11名日本を出発。首都イスラマバードと隣接するパキスタン第3の都市ラワルピンディのMrs,デイヴィスプライベートホテルに投宿。20年ぶりの猛暑は日中何と49度。エアコンのない部屋で、のたうちまわる。7月号「われらがリエゾンオフィサー」で書いたようにいかにもパキスタンらしく事が運び、予定より早く6月13日夜バスとワゴン車に荷を満載してキャラバン出発。バスの助手がどっかに言って帰ってこなかったのもパキスタンらしい。

<6月14日>明るくなると車は大インダス河に沿って世にも恐ろしいカラコルムハイウエイ(何がハイウエイじゃ!)をひた走りに走っている。道の両側には太古より手つかずの過酷な自然が続き、陽は容赦なく照りつける。お昼頃インダスと別れギルギット河を遡る。後にナンガパルパット、前にラカポシを望む雄大な眺めは贅沢そのもの。ギルギットでバスを替えフンザには夕方に着く。途中から見るラカポシの北面は圧巻だった。20時間と15分、顔に水をかけながら頑張った運ちゃんご苦労さん。天気が良くフンザの背後にアシールとウルタールが夕日にかがやいていて我々を歓迎してくれる。アリアバード村にできたテント村に落ち着き、ポーターなどのアレンジをする。

<6月15日>BCおよびルートの偵察のため保森、名越の二名が先行する。

<6月16日〜18日>96名のポーターを雇い本隊フンザ発。女の娘でも早朝にでれば夕方には着く距離を往き4日、帰り2日の契約・・・・・・。ハサナバード谷に入り、ムチュチュール氷河とハサナバード氷河の出会いで1泊。次の日はハサナバード氷河に入り左岸のモレーン上。18日、保森、名越の迎えを受けてBC予定地下のカルカで泊。夜遅くまでルートのことで話し合う。結局ある程度の危険はあっても全員が登れそうなフンザピークより派生する最も左の尾根に決定する。

<6月19日>待望のBC入り。氷河から2時間ほど上がった河岸段丘上の放牧地で、北に名峰シスパーレ、西にサンゲマルマールといった山々がぐるりを取り囲む素晴らしい別天地。その夜は標高4000mの酒に酔う。

<6月20日>早朝右俣にブロック雪崩が発生。爆風は右岩稜を超えてBCをゆるがす。吉岡、名越、村上の渉外記録という今や用なしとなった3名で偵察に出発。残りは梱包を解き仕分け等に当たる。偵察組はまず左岩稜末端の、後に「喜望峰」と呼ばれたピークに末端から取付いてみる。しかしこのルートは左俣からの爆風をもろに受ける場所がありやや問題あり。

<6月21日>山本、吉岡、児島のBパーティーがルート開拓。昨日の稜をもう少し回り込んだ大ルンゼを登って楽々と喜望峰の頂上に立つ。穂高の稜線のような所が続いている。そこかしこにカモシカのふんと高山植物があり快適な岩稜である。

<6月22日>保森、木佐、岡本のCパーティー(後に「潮騒」パーティーとなる)がルート開拓。BCからもCパーティーの動きが良く判る。4500mまで。

<6月23日>名越、田中、金本、村上のAパーティー(後アンパンパーティー)がルート開拓。キャンプ間を長くしたので前日の終了点には13時着。下から見て予定していた緑の地を第1キャンプ(C1)とする。(4600m)

<6月24日>3パーティーで荷揚げ。C1を設営する。Bパーティー(後、ルンルンパーティー)は上部にルートを伸ばす。岡本熱を出す。

<6月25日〜27日>ゴジラの背のような岩塔群を抜け、大スラブ帯に入る。

<6月28日>午後から初めての雨となる。5300mあたりでルートを伸ばしていた潮騒パーティーは霙にたたかれてぐっしょり。悪天の周期に入る。

<6月29日>朝から雨。全員休日とする。

<6月30日〜7月3日>荷上げに追われてルートが伸びずにいたが何とか大スラブ上の雪面を登ってC2予定地に着く(5500m)。イギリス隊が入山したとの知らせを受ける。

<7月4日>アンパン、B隊とでC2を建設。それにしても900mの標高差は岩稜ということもあって実に遠い(登り
6時間)。浅い雪壁をカッティングして何とか1張のテントを設営。潮騒パーティーがBCより最後の荷上げをして、BCには三好、大前それに5頭の牛だけとなる。

<7月5日・6日>C2より急な雪壁を登りスカイラインのミックス壁(後、氷の滑り台と呼ぶ)を突破して雪と氷のリッジを攀じ、長い雪稜に出る。

<7月7日>たなばたなのに朝から雨で全員休日。

<7月8日〜11日>9日から好天の周期に入る。マシュマロの里と名づけたハンギングレイシャー帯を神に祈りながらルート工作。10日、なんとBCが右俣からのブロック雪崩に襲われ(右岩稜を越えて来た)壊滅状態となる。11日、何とかマシュマロを切り抜けてアシール南西稜上に出る。フンザやラカポシ、ヒスパー谷も見える。バツーラがますます高くなり、サンゲマルマール(この日に大阪大学隊が初登頂)の後にはハチンダールチッシュも顔をのぞかせてきた。

<7月12日>C3を作るべくアンパン、潮騒で荷上げに向う。C3直下の雪田で雪崩を起こし4名が流されるが事なきを得る。

<7月13日>全員休み。

<7月14日>南西稜直下5mマシュマロ上にC3を建設(6200m)。C2からやはり7時間かかるが下りはアップ・ザイレンの連続で2時間。

<7月15日・16日>南西稜上を500m伸ばすと、50mほど垂直に切れおちた岩壁になっている。16日からまた悪天の周期に変わった。

<7月17日>2年前東京の朝霧山岳会が登った最低コル(6150m)へ抜ける南面ルートで、イギリス隊4名がラッシュをかけて来たのに出合う。第二登に甘んじようとも我々は我々の方法で登ることを確認しあう。イギリス隊はコルで2名が下り、残った2名が上へ向った。

<7月18日〜23日>嵐が襲来。6000mで雨が降り、雷と吹雪の競演にルートが伸びない。19日、漸進キャンプをコルにもうけて仮C4とする。吉岡不調のためBCへ下る。この頃から不調の者が続出し、パーティーは調整のため混成となる。22日ようやく最後の課題(と思われた)である南西稜の大ハンギンググレイシャーを突破する。

<7月24日>天候が小康状態となったのでC4を建てるべく5名が各キャンプから出発。例のハンギンググレイシャーを越えたところでイギリスパーティーが下りてくるのに出合う。てっきり登ったものと思っていたが、途中まだ悪い所があり頂上までが遠すぎて引き返して来たとのこと。それにしてもこの嵐の中雪洞を掘りながらよく頑張ったものだ。C4を設営。C4上部のピークから先はなるほどスッパリ切れてルートが無い。初めてアシール頂上を遠くに見る。(6900m)

<7月25日>イギリス隊の探らなかった下部にルートを見つけ、ついに頂上へ続く雪稜にでる。これで何とか見通しがついた。

<7月26日>アタックの準備をするも、終日吹雪。全員沈殿。

<7月27日>天候が回復したようだが、雪が安定してないので一日待つことにする。もはや各キャンプの食糧が底をついてきたので食いのばしに入り、動かない日は食べないことにして湯をすする。調子の悪い金本がC3に後退。山本、児島が仮C4に下って第2次に回る。

<7月28日>アタック日和。午前1寺起床。4時20分出発。気温-20度。名越、木佐、岡本の3名は一本のダンラインザイルにつながってゆく。ナイフリッジの前衛峰の稜線は長く(約7250m)、まるで鳥の羽根をトラバースしているようだ。背後のラカポシ山群が夢のように美しい。アシール、ウルタールにガスがかかり始めた正午頃本峰とのコルに着く。頂上まではゆるい雪面だがくさった雪はひざ上10Cmまでもぐる。C4から12時間近い奮闘でやっとB・D・アシール(7329m)にたどり着く。3人手を取って同時に頂上を踏む。15時55分、ややガスっており遠くにK2らしきものがちらりと見える。早々に下りにかかり頂上下の7200mあたりで雪洞を掘り、ビバークに入る。

<7月29日>雪洞を9時過ぎに出、途中フィックス工作などをしてC4着15時。16時2次アタック隊の山本、保森、田中、児島、村上がC4入り。金本は28日にC1,29日にBCまで下降。

<7月30日>昨日C4入りした5名全員がアタックに向かう。14時50分、登頂。山本以下5名の元気な声がアシールにこだまする。同じ雪洞でビバーク。1次隊は仮C4を撤収してC3へ。

<7月31日〜8月2日>次々とキャンプを撤収して山のようにふくれ上がった荷を負って下山。8月2日全隊員無事故でBCに集結。最後の日本酒で打ち上げ。美酒に酔う。

<8月3日>荷の再梱包とゴミの整理。保森下山。

<8月4日>ポーターが上がって来て、想い出深いBCを後にする。数名はハサナバード氷河最奥の放牧場シスパルまで寄って下山。氷河舌端にてキャンプ。

<8月5日>フンザのカリマバード村のヒルトップホテルに落ち着く。

<8月6日>ジープをやとってパスーの先のバツーラ橋までゆき裏側からアシールを見る。

<8月7日>ヒスパー谷のナガール村までジープを走らせる。ここからはアシールの頂上が見える。

<8月8日>ワゴン車の話がついて、いよいよフンザに別れを告げる。児島、岡本を残して8名が出発。

<8月9日>23時間のドライブでラワルピンディに到着。

<8月中旬>登山隊解散2名を残して帰国


Aqtash 日印合同・広島山岳会ヒマラヤ登山隊1993

日本隊
総隊長        田内 實
隊 長        名越 實
隊 員        吉岡 好英
           岡本 良治
           横山 正雄
           山本 宣夫
           溝手 康史
インド隊
ITBP(インド・チベット・ボーダー・ポリス)チーム
隊 長        Hukam Singh
ドクター       A.C.P.Tripathi
登攀リーダー     Prem Singh
           P.T.Sherpa
隊 員        Mohan Singh
           Kehem Raji
           Sange Sherpa
           Wangchuk Sherpa
           Hira Ram
           Kashmir Singh
           Mangal Singh
           Sardar Singh


Aqtash(7016m)

日印合同・広島山岳会ヒマラヤ登山隊1993のエクスぺペディションの概要

<6月28日>香港が台風のため1日遅れて大阪発・・・デリー着。

<6月29日>隊荷通関

<6月30日>ITBP(インド・チベット・ボーダー・ポリス)長官(DG)に挨拶。サルトロからアクタシに変更決定。カラコルム峠への踏査は許可。

<7月1日>ITBP会議室にて日印合同隊団結式。日本大使館より神長公使出席。テレビ新聞は、アクタシ登山とカラコルムの件を一斉報道。

<7月2日>日本大使館へ挨拶(山田大使未着任)

<7月4日>デリー発〜ブラスプール着

<7月5日>ブラスプール発〜マナリ着

<7月6日>マナリ発、ここから大ヒマラヤ山脈を越え、ロータン峠(3955m)〜バラナチャ峠(4891m)〜サルチュー(ITBP駐屯地)着

<7月7日>サルチュー発〜ラチョン峠(5065m)〜タクラン峠(5363m)〜インダス川〜レー着(3500m)百年来なかった長雨(7月9日から4日続いた)で泥の家屋が崩れたり、寺院などの文化財に被害が出た。マナリとレー、スリナガルとレー双方の道路が崩壊。雨雲で飛行機も欠航し、レーは14日まで孤立。

<7月15日>レー発、いよいよラダーク山脈を越えて禁断の東部カラコルムへ入る。レー〜カルドゥン峠(5607m)〜シャイヨーク川〜ヌブラ谷〜サソマ着(3300m)。

<7月17日>サソマ発〜チャングルンラスケール峠(4450m)〜スキャンボチェの軍キャンプ着(4170m)。
 この道は1907年日野 強、1909年大谷探検隊が通った中央アジア交易ルート(シルクロード)でカラコルム峠を越えてカシュガルへと続いている。今これにも車道を建設中。

<7月18日>スキャンポチェ発〜ヤンバー氷河左岸モレーン末端にBCを決定。(4800m)

<7月21日>登山開始。ヤンバー氷河左岸のサイドモレーンを登り、氷河本流に下り、クレバスもないダラーとした雪面を詰めて源頭にいたる。ここにC1を建設(5600m)。協議の結果日印別々のルートを採ることに決定。インド側の要望によりC1までのポーターを5人雇用。
 ITBP本部より無線入電あり。デリーでの報道に中国とパキスタンよりクレームがつき、カラコルム峠への踏査は不可能となる。

<7月24日>C1より南壁大クーロアールにルート工作開始(5900m)<岡本・吉岡>

<7月25日>6150mまでルート工作(6200m)。<山本・溝手・横山>

<7月26日>C2予定地まで工作(6200m)。<名越・溝手・横山>

<7月27日>インド隊南稜のコルに到達、C2(6200m)。日印双方ともC3は作らずC2から一気に頂上までルートを延ばすことを確認。

<7月29日>午前11時頃、日本ルートとインドルートの間のルンゼ上部が大崩壊し、全山をゆるがす岩雪崩に肝を冷やす。
3日間のアイスカッティングでやっとC2建設。

<7月31日>C2より上部のルート工作に入る。氷壁のボッカに喘ぐ。日没と同時に上部雪田へ到達(6550m)<名越・岡本>
 8月1日より悪天の周期に入る。

<8月2日>ルートを分けたため我々の手持ちロープは1200mしかなく(壁の標高差は1400m)、下部のフィクスを
外して上部雪田のルート工作をする。雪田より上部岩壁鼻の頭まで(6700m)。<溝手・山本>

<8月5日>すでにフィクスロープは無いので、アルパインスタイルでルートを伸ばす。猛吹雪の中岡本トップで上部岩壁帯を突破し、14時頂上雪壁に出る(6870m)。岡本、横山はこの南壁を完登したことで十分満足しており、それにこの日インド隊のアタック予定日であったため、初登頂は彼らにまかせて我々はC1まで下ることにする。しかしインド隊はこの日登頂できなかった。

<8月6日>山本・溝手も壁を完登するべく、2時にC2を出発。フィクス終了点からは彼らもアルパインで登攀。昨日の終了点に12時着。(吹雪)
 フカム・シン隊長は8月8日にBCを撤収すると言っているので、嫌がる二人をなだめすかして頂上まで行かせる。90mロープ2ピッチで頂上稜線に到達。ガスで全く視界が無く、雪庇を踏み抜いたことで頂上稜線であることを確認、一応登頂ということにする。(7016m)
 山本-14時10分、溝手-14時30分着。
 C1まで高所?ポーターを使って登山に専念できたからか、登山を開始して17日間で頂上に立つことができた。8日にはBC撤収と決まっており、二次アタックは無理なので二人にフィクスを回収させるも手際が悪く、鼻の下(6600m)からC2までが回収できず。C2帰着21時半。

<8月7日>C2の二人はフィクスを回収に行くというが(明日はBC撤収なので)中止させ、先にC2の荷を滑り下ろさせて、次いでC2より下のフィクスを総て回収させる。

<8月8日>日本隊はC1をたたみ、ポーターを使って全荷をBCに下ろす。
 結局インド隊はこの日17時ちょうど登攀隊員7人全員が南面より登頂。

<8月9日>インド隊下山。全員無事ABC集結。

<8月12日>デリーよりヘリコプターで、ITBP長官アリヤ氏とIMF(インド登山局)総裁コーリー氏BCを慰問。13時、BC発〜スキャンポチェ着。

<8月13日>スキャンポチェ発〜チャングルン村着。夜、ヌブラ谷住民総出の大パーティー。

<8月14日>チャングルン〜レー。ITBP基地にてレセプション。(副長官出席)

<8月20日>ITBPにてセレモニー。日本大使館より神長公使出席、スピーチ。

<8月23日>神長公使宅にてランチ。

<8月24日>登山隊解散4名帰国。