阿佐山 (山スキー個人山行)


桑田

日時:2月14日(土)夜~15日(日) (係)吉岡
参加者:吉岡、島本、桑田
    会員外:Sさん

<山行記録>
 前夜はG文化ランドに泊めて頂き、Mさんとストーブを囲んで岩場の話や、山道具の話などたくさんの面白い話にお酒が進む。翌朝、昨年は雪不足により断念した、阿佐山に向かう。今年は雪が登り口の手前どころか、道路にもまだ残っている。期待に胸ふくらませを準備する、天気は薄曇り。林道から県境尾根を目指し、急斜面をトラバースしながら進んでいく。だんだん阿佐山の全貌が見えてくる。山の木を伐採しているのだが、あまりにはっきりとわかる木の無くなり方に、違和感を感じる。吉岡さんに、広島側は伐採されていることを聞く。山はそのままの姿が美しいのに。。。と思う。境尾根でプローブを差し、弱層テストをする。向かいの斜面では、スキー場から出て来たと見られるボーダーが、軽装でモタモタしながら滑っている。見ているこちらが恐ろしくなる。積雪は240㎝位、今日は心配なさそうだ。県境のブナ林を登り、12時に山頂へ出る。みんなで楽しく昼食。
期待外れの重い雪だが、今日は転ばないぞ!と決めていざ滑降。吉岡さんの後ろを、何が何でもついて行く。今日は1回だけ、しかも自分で起きれた。自信満々で、下山口にて一息つく私に、吉岡さんは。。「お前の滑りは、便器に座っとるみたいじゃのう」と一言。スキー仲間には、あれだけ長くよくボーゲンを堪えられるねぇ、と足の屈強さを感心される今日この頃である。

<コースタイム>
大谷(8:55)~(9:56)畳山分岐~(10:40)県境稜線~(11:40)阿佐山(12:27)~(13:03)滑走終了地点

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す