裏匹見峡 沢登り


吉村

2017年9月10日(日) 係:吉村
参加者:松林
<アルバム>
<行動記録>
 9 月にもなると朝晩は涼しくなってきたが、日中はまだ暑い。残り少ない夏を惜しむように、今年最後の泳ぎメインの沢登りを裏匹見峡に行ってきた。
 10 日朝9 時に匹見峡レストパーク第2 駐車場から直ぐ下の川に下りたら、淵が出てきて泳ぎだす。係はウエットスーツを着ているので冷たさを感じず、快適にスイムスイム。松林君はタイツ等着込んで冷水対策をしているようだが、寒そう。

入渓直後の橋の下

 4 つくらい大きな淵を越えていくと取水堰堤が有り、ここの淵がレストパークの水遊び場になっている。数人の男性グループが手網でアユを狙っている。昼食はアユの塩焼き?
 次々に淵が現れ泳いで突破していく。裏匹見峡には右左に遊歩道がつけられ、赤い橋も何本か掛けられている。以前歩いた記憶がよみがえる。
 青の淵の奥に3m滝がおちている。淵を泳ぎ右岸の岩場を登る。最大の淵と滝を持つ平田淵は、端から無理で右側の遊歩道に上がり、赤い橋を渡って滝上に出た。渇水期なら登れるかも。
青の淵

 自分的にはここまででも、しこたま泳いだので満足であったが、三浦本にはここから巨岩帯の滝やボルダー登りの核心とある。気合を入れなおし、巨岩帯を右に左にルートを取って攀じ登っていく。平凡な川原になってきたので、右上に見える国道488(数年来通行止め)に這い上がり遡行を終えた。

平田淵の先の巨岩帯

 今回の下降は遊歩道か国道としていた。そのままウエットスーツ・沢靴で1 時間の歩きで第2駐車場に帰り着いた。
<コースタイム>
9:00 レストパーク第二駐車場より入渓→10:15エンコウの棚→11:38 青の淵→11:55 平田淵→13:15 標高500m 地点より出渓→14:20 レストパーク第二駐車場

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+