臥龍山スキー登山  3月23日


吉岡 好英

<参加者>大前、吉岡
 7:30 大前さんを迎えに行き、臥龍山へ向かう。今回もフリートレックでの登山と頂上からの滑降を予定し、出発する。道路横の雪は現地に近づくにつれ、増えてくる。長者原の道路端の雪の中に車を止めて、登山の準備にかかる。まだ山にはたくさんの残雪があり、今冬の雪の多さを物語っている。雪原を横切り、すでに除雪されている林道へと出る。まだブナ林には1mを超える雪が積もっている。林道を2/3くらい上がったところから、尾根に取り付く。つぼ足では少し埋まるので、フリートレックを履いて登りはじめる。斜度はそれほどきつくないのだが、まだ風邪が完全に治りきっていない身体にはキツイ。上から見る聖湖はまだ凍っている部分がある。聖岳、恐羅漢山、深入山がよく見える。臥龍山の頂上で大休止と昼食をとる。シールを外し、滑降の準備をする。長者原への斜面はブナ林で積雪も十分。思い思いのコースをとりながら、シュプールを描いていく。狭い木々の間を抜けながら滑るのは気持ちいいもんだ。途中で小さな沢を渡るのにスキーを脱ぐ。その後の斜度は緩いが、何とか滑ることができる。雪原に出ると車が見え、本日のスキー登山は終了となる。 

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す