臥龍山 2004年3月21日


吉岡 好英

 朝、起きてみると雨は降っていない。久しぶりに一人でのんびり歩いてみることにして、7:40 家を出発。予定していた臥龍山に行ってみる。9時40分頃、臥龍山への車道を少し入ったところに車を置いて、兼用靴をザックに入れ、一応フリートレックを持っていく。どんより曇った空模様を気にしながら、車道を軽やかに歩いていく。聖湖方面からの登山道を二人の登山者が上がってくる。一休みしていると追い越していったが、すぐに追い越すことになる。登山道は霜柱が立っており、ところどころぬかるんでいる。残雪も出てくる。こんなときは長靴のもんだ。遠慮なく歩くことができるし、なんといっても軽い。ザラメ状の硬い雪を踏みしめながら歩くと、ほどなく頂上へ到着。誰もいない。デジカメを取り出し、ストックに取り付け写真を撮っていると、「何をしよるんネ?」と声をかけられる。振り向くと、ひょっこり岡谷氏がひとりで上がってきた。久しぶりの岡谷氏と一緒に写真におさまり、昼食のオムスビをほおばる。それにしても寒い。歩いて下りる岡谷氏と別れ、下降の準備をする。長靴から兼用靴に履き替え、フリートレックをはく。ザラメの雪は凍っており、ちょっと滑りづらいが雪があるだけましと鞍部へ滑降開始。大きな木々やブッシュの間を抜けながら高度を下げると滑りやすい雪になる。下のほうになると雪の無いところがあるが、何とかつなぎながらも沢を渡るところまで滑ることができた。再び長靴に履き替え、沢の中に入り渡る。渡ったところからは雪がなく、熊笹を踏みしめながら下ると、登山道に出る。登山口に止めてある車の側には岡谷氏がすでに下りていた。しばらく話をして別れ、自分の車が止めてある車道入り口へ。
まだ早いので恐羅漢経由で帰る。

車道入り口(10:00)—(11:15)臥龍山(11:40)—(12:30)登山口

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す