天応クライミング


元廣

3月27日(日)
参加:川﨑、平本、徳永、島本

<行動記録>
暖かくなってきたので、なめら岩でマルチピッチの基礎訓練でもと企画してみたが、集まったのは平均年齢?歳の中年男女。新鮮味に欠けるような気もするが…。いや言うまい、心持ちだけはいつも少年少女の面々である。

なめらに向かうが、岩は黒々と濡れている。今週は雨が降らなかったのに、なぜ。仕方ないので、銀座尾根東面の岩場まで上がる。ロープで終了点を作成して、3 本のルートを登った。
こんなはずじゃァ(5.9)、オリオン(5.10c)、ごっぱち(5.10b)
各人、力量や好みに応じて、リードあるいはトップロープでトライした。

さて、昼になれば、なめらが乾いているはずと、下りるつもりであったが、時遅し。すでに他会の大人数パーティがとりついていた。なめらをあきらめ、ミッキーフェースに向かう。2 本のルートを登った。
センターライン下部(5.10b)、はやぶさ左(5.10c)
「はやぶさ左」を川﨑さんがリード。テンションをかけつつも、トップアウト。次回はRP できそう。TR で、係も久しぶりに触らせてもらった。当然テンテンなわけだが、これやっぱ面白い、奮闘させられるルートである。ミッキーフェースはアプローチが悪いが、この1 本をやりにいく価値があると思う。上部に、ルート名通り、はやぶさの巣がある。登攀中、はやぶさが上空で我々を威嚇して鳴いていた。邪魔して、すまんかった。

17 時登攀終了。今日もよく登りました。心地よい疲れを感じながら、下山した。

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す