大山(槍ヶ峰途中まで)


三谷

月日:2017年2月4日(土)~5日(日) (係)三谷
参加者:安藤、吉村、松林、島本、川本
<行動記録>
土曜日朝、広島を出発する。寒気の中休みで穏やかな暖かい天気である。スキー場ではスキーヤーで賑わっていた。
環状道路はクロスカントリー用に圧雪されており、全く沈まない。通常のコースタイムで健康の森入り口にたどり着いた。
明日、キリン峠経由で槍ヶ峰を目指す予定である。荷物をデポして、キリン峠(1405m)から南に派生する尾根への取り付きまでトレースを付けにいく。スキー以外のトレースはない。大量の積雪に敬遠されたのかもしれない。
雪はおおむねしまっており、文殊越えは難なく通過する。烏ヶ山が見渡せるあたりまで登り引き返す。その足で鍵掛峠まで歩き、大山の南壁を見渡す。これだけ晴れているのに、日曜日は低気圧の通過により、暴風雨になる予報である。日程の設定ミスに悔いが残る。
日曜日、あいにくの雨。出発時は霧雨だったが、文珠越を過ぎたあたりから風が出てきた。稜線に近づくと暴風雨となる。残念ながらキリン峠(1405m)までとなった。これ以上行動すると、低体温症になってしまう。みぞれまたは雪期待していたが、残念である。
テントに戻って暖をとることにする。
槍ヶ峰は、アプローチが短く(環状道路から2時間で稜線に達する)、景色も良く、ルートの取り方も様々ななので、毎年1度は登るが、2回に1回は雨に降られている。昨年3月は文珠越から派生する尾根より槍ヶ峰を目指している。懲りずにまた登ってみたい。

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+