例会:砥石郷山


吉岡 好英

2014年9月14日
参加者:竹本、桑田、(会員外)後藤さん、D.八幡さんF.
 前日15時頃、山小屋へ入り建築時の段ボールを焼却処分する。一年以上もブルーシートで覆っていたとはいえ、雨ざらしになっていたので湿った段ボールの焼却は容易ではなかった。3時間近く要したが何とか終えることができた。HAC会員の参加が少ないのでお誘いしていた山稜会の後藤さんが18時頃、来られた。二人で夕食をしていた頃、桑田さんが到着。さらに匹見の田中君が桑田さんにGPSを貸すために、わざわざ大山に行く前に寄ってくれた。彼に食事をとらせて送り出す。参加者が寒いというのでシーリングファンの調子をみるためにストーブを点けてみる。竹本さんも22時頃に到着。日付が変わるころまで談笑する。
14日、日帰り参加のD.八幡さんを待って出発。今日のコースは牛小屋谷を下り、田代から砥石郷山へ。すっかり悪くなっている沢沿いの登山道をゆっくり下る。田代から砥石郷山への登山道は急でいつもの2倍くらいの時間をかけノンビリと登る。登山道は乾いており、気持ちよく歩くことができる。少し曇っていて日差しがないので気持ち良い。砥石郷山頂上へは昼前に到着。ここで昼食とする。約1時間の後、再び行動開始。バンザイ砥石あ開けており、周辺の山々が良く見える。森林セラピーのためか登山道も整備が進んでいて、以前より広く刈られている。夏焼峠で「余裕?のある人は恐羅漢山へどうぞ」と言ったが、誰も行くことはなかった。カヤバタへの登山道沿いにはテラスやベンチが作られており、また登山道も整備されている。
山小屋へ返り、コーヒーを飲みながら「偲ぶ会」で流されたDVDを鑑賞して解散とする。
コースタイム
牛小屋高原ヒュッテ(8:36)~(10:05)田代(10:20)~(11:55)砥石郷山(13:00)~(13:15)バンザイ砥石~(13:35)夏焼峠~(13:50)山小屋

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す