例会:恐羅漢(歩き編)


宮重(直)

月日:1月25~26日
参加者:本編参照

冬靴を新調した栄作が足慣らしをしたいというので、土曜日に少し歩いてみることにした。すると、早速徳ちゃんが「私も歩きたいんで」ということで、3人で出発―。新しい小屋は夜遅く到着してもすぐに灯りが灯り、全く普通の家のようだった。
1月25日
ゆっくり出発して砥石郷往復。徳ちゃんは小屋を出てアイゼンをつけているが…案の定100歩も歩かないうちにワカンの出番である。重たい雪はストックのバスケットにのっかり面倒くさいが歩くには程よく締まって快適である。トレ
ースに導かれて1時間弱で夏焼に到着。砥石郷頂上まではアルバイトをしながらとなってしまったが視界がよいので安心である。たっぷりラッセルを楽しんだ頃頂上に到着。ツエルトを張ってゆっくり昼食タイムを取ることにする。パラパラと雨音がし始めたが中は案ずることもなく快適であった。
帰りは快調に歩いて、14時過ぎ、小屋に到着した。夜の牡蠣鍋を待ちながらチビリチビリやっていたのだが、約1名、後発隊の到着を待ちきれずにダウンとなった。
1月26日
朝まで雨が降ったりやんだりしていたが、出発する頃には止んでくれた。今日の歩きのメンバーは昨日の3人プラス入会希望の彼、八幡先生ご夫妻、スキーヤーから(膝サ)ポーターへと転身した川﨑さんの7名である。おっと、私がリーダーでいいのかぁ??まっ、無線の向こうには吉岡さんと田中さんがいるのでいいことにしよっ。ゲレンデスキーヤーに逆流してスキー場の端っこを直上、その上はトレースはなく、ラッセル体勢となる。今日の様な重たい雪ならスノーシューもワカンもそう変わりないようだ。といっても、ワカンしか持ってないんだけど。交代しながらラッセルして鞍部に到着すると、ちょうどスキー組に出会う。少し休んで、頂上までもうひと踏ん張り。頂上で記念写真、台所原へ。ここでトラブルが発生したが、GPSと笛の音に助けられた。気を取り直して林道を登り返し、稜線からスキーを追いかけながら同じ尾根を下った。

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+

コメントを残す