アイゼントレーニング(天応)


三谷

月日:2017年12月3日(日)

参加者:横山、吉村、島本

<行動記録>

冬山シーズン前に、天応烏帽子岩山にて恒例のアイゼントレーニングを実施した。
登山道を外れて最終堰堤から沢にはいる。ここでアイゼンを装着。滑りやすいナメを歩き、最初の滝でロープを出す。
久しぶりのアイゼン歩行でぎこちないが、そもそもアイゼンは岩の上を歩くものではない。左岸のフェイスにルートをとって、合計2ピッチロープを伸ばす。傾斜が緩くなったところで解除する。シダとイバラの大薮を漕いで銀座尾根に出る。
町内会清掃を終えて参加した横山さんと合流する。
次は、銀座尾根のチムニーを1ピッチほど登り、懸垂下降をして取り付き点に戻る。天気が良いので、ハイカーが上がってくる。迷いやすい一般の登山道は、ナメラを経由せず銀座尾根よりに付けられたようだ。

Print this pageEmail this to someoneShare on FacebookShare on Google+